桜川市 アクセス エリアマップ 利用ガイド 
トップページさくらがわーるどレポートさくらがわーるどゼミナールさくらがわーるど商店街
よみがえる金次郎

【拾六】反乱の収束


 弘化4年(1847)11月、領主川副氏の法外な要求に、青木村農民はやまごも山籠りという手段に出たのです。この山籠りに参加した者は三十七名、不参加者は名主、組頭など十五名と、村を二分する騒動となるのです。
 
 村再建のため、二宮尊徳に堰築造の願いを全員で参加、仕法は成功、やっとひと安心という時のできごとでした。

 この事態が悪化すれば、首謀者の処罰など大変なことになります。山籠りに参加しなかった者が、常法院主、薬王寺住職、大和田山城神官と相談、笠間領富岡村名主等の協力を得て、懸命の説得が成功、十一月二十九日薬王寺へ引き揚げたのです。

 ちょうど運好く十二月三日、幕臣となり真岡代官所勤務となった二宮尊徳が来村、村民を集めたところ、不参加の者があったのに驚き、理由を尋ねると山籠りの一部始終を聞かされました。そして一同は尊徳に心から詫び、寛大な処置を願い出るのです。

 そのあかし証として山籠りをした三十七名と、参加しなかった者七名の連署で、仲裁の常法院、薬王寺、大和田山城正及び笠間領名主宛の証文を提出、尊徳へ事を穏便(おんびん)に取り計らってくれるよう頼みました。

 その時の証文は、次のようなものでした。


「差入れ申す一札の事」

 今般私ども村々小前(こまい・小百姓のこと)年貢上納は勿論(もちろん)、年貢冥加米(みょうがまい・臨時の上納米)、永(畑作)皆済引き延しに付、村役人より去月二十六日、定便をもって上納致すべき旨、申し付けがありました。

 愚昧(ぐまい・おろかでものの道理の分からないこと)な私どもは、心得違いを致し、取りとめもなく談合相企て(だんごうあいくわだて)ました。

 (中 略)

 何卒、愚昧の私どもの不埒(ふらち・道理にはずれた不届きなこと)により起こしたこと、御上様(領主)は勿論、村役人中までお詫び致し候上は、百姓を無難に相守り、百姓相続できますよう願い上げたてまつり候。後日のために、一礼差入れ申し上げます。弘化4年末極月(ごくげつ・12月のこと)

 御趣法(仕法)惣代 勇助
 判 頭       傳吉
  同        浅次
 御趣法惣代     嘉兵衛
 判 頭
  同        儀兵衛
        (以下名前略)
  青木村常法院 様
  同 大和田山城様
  同 薬王寺  様
  小幡新田村清助様
  富岡村仲右衛門様


 尊徳は、この願いを聞き「私が在村せずとも間違いを起こさず、仕法を守り出精して欲しい。」と諭さとし、この一件を許したのです。

 そのうえ、村役人及び領主にも処罰を行わないよう願い、これを了承させ一人の処罰者も出さず解決したのです。

 当時、領主権力の強かった時代、徒党を組んで訴えることは、死罪・遠島にもなることがありました。処罰者なしに済んだことは、尊徳の農民を愛する心と政治力があってのことでした。


▲常法院頌徳(しょうとく)碑
 青木北原宮本家墓所内にある。

 山岳仏教天台宗本山近くの修験者(山伏)渡辺順栄翁は文政5 年4 月10日生(1822)、明治38 年9 月15 日没(1905)二宮尊徳の青木村仕法のよき理解者。人格・識見があり、村民の人望も高く、領主と村民の問題解決に尽力。
 常法院は現当主宮本戌一郎氏屋敷内にあった。


文:舘野義久
ホーム アクセス マップ ガイド メール