桜川市 アクセス エリアマップ 利用ガイド 
トップページさくらがわーるどレポートさくらがわーるどゼミナールさくらがわーるど商店街
よみがえる金次郎

【壱】手本は二宮金次郎


 薪(たきぎ)を背負い読書する少年二宮金次郎を見るにつけ、昭和7年生まれの私は、校門の傍(かたわ)らに建つ金次郎像に頭をさげ、帰りにはオルガンに合わせ、「二宮金次郎」を合唱してから下校したことを走馬灯のように思い出されます。


薪拾い帰りでの金次郎図
幸田露伴著「二宮尊徳翁」の挿絵より
(明治24年)
唱歌 二宮金次郎

一、
柴刈り縄ない 草鞋をつくり
親の手を助け 弟を世話し
兄弟仲良く 孝行つくす
手本は二宮金次郎 

二、
骨身を惜しまず 仕事をはげみ
夜なべ済まして 手習い読書
せわしい中にも たゆまず学ぶ
手本は二宮金次郎

三、
家業大事に 費えをはぶき
少しの物をも 粗末にせずに
ついには身を立て 人をもすくう
手本は二宮金次郎



 更に国定教科書の「修身」では、金次郎の少年時代の苦労、勤労、倹約、親孝行の大切さを教えられ、大人になったら金次郎のように艱難辛苦(かんなんしんく)を乗り越え、世のため人のために尽くす、人間になるよう誓った時代です。

 その教科書に載った人物が、私の住む青木村(旧大和村青木)に、人々の願をかなえ堰(せき)をつくり、農村救済の術ともいうべき「青木村仕法(しほう)」を実施したことを知った時は、大きな驚きでした。

 この堰から、灌漑(かんがい)によって、青木田圃(たんぼ)(約88ヘクタール)は、秋になると黄金の稲穂が波を打つ美田と化すのです。また、この堰はかつて青木や岩瀬の子供たちの天然のプールとして、夏場の楽園だったのです。

 ところで、子供心に描いた金次郎像が戦後音をたてて崩れたのです。帝国日本の臣民(しんみん)として、最も期待される人間像として、時の政府(軍部中心)に利用され、徒(いたずら)に金次郎の少年時代のみが意図的に変形されたため、「保守反動」のレッテルを貼られ、ことごとく否定された時期もありました。

 しかし、現在高度成長の波が止まり、国土や農林業はまさに荒れなんとしています。そのうえ、日本人の心の豊かさが枯れ、人間関係の断絶・退廃が進み、二宮尊徳が最も恐れた“人心の荒廃恐るべし”の状況となっています。

 21世紀の今、このような社会状況の中で、再び二宮尊徳がよみがえり、農村復興、日本の改革の旗手、実践的指導者、救世主として再評価されつつあります。幸い青木には、二宮金次郎に係わる史料や遺跡が残されています。これらを参考にしながら、尊徳(金次郎)の生きた時代と現代を重ね合わせ、その実像にせまりたいと思います。

文:舘野義久   ▲現在の青木堰(高速道路上から)
ホーム アクセス マップ ガイド メール