桜川市 アクセス エリアマップ 利用ガイド 
トップページさくらがわーるどレポートさくらがわーるどゼミナールさくらがわーるど商店街

桜川市の彫刻家浅賀さん

浅賀さん

 山形県出身の彫刻家で、桜川市亀岡にアトリエがある。
 ブルガリアとの交流が深く2004年にはブルガリア共和国文化大臣より「ブルガリア共和国名誉証」を授与される。
 芸術家にありがちな気難しさがなく、気さくで、子ども達にも気軽に石彫を教え、桜川の石に関わるまちづくりイベントなどにも積極的に協力している。
 独特の語り口と深い見識に基づく芸術理論には時間を忘れて聞き入ってしまう。
 未来塾の一員としても活躍中。
 
最近の投稿
桜川市地域ポータルサイト
2008年5月30日(金曜日)

愛地球博にて

 今日の浅賀さんは、2005年に開催された愛・地球博の時のお話です。 

 メインキャラクターの”もりぞう”、”キッコロ”というキャラクターでも覚えている方々もいらっしゃるかもしれませんね。

 “自然の叡智”をテーマとし、121カ国4国際機関が参加した愛・地球博(2005年日本国際博覧会)は、会期中の185日間(2005年3月25日〜9月24日)に2200万人が来場しました。

今日は、そんな2005年に開催された、愛地球博での話題をお届けします!

————————————————

愛地球博にて

 1985年ブルガリア共和国の彫刻展覧会に出品したことに始まり、1994年から2005年の間に、茨城県の岩瀬石彫展覧館にブルガリア共和国より6名の彫刻家が来日しました。

 その1ヶ月から1ヶ月半の滞在期間中、私と石彫刻の制作に打ち込み、完成した作品で友好競作展を行うなど、これまでに完成した作品は大小10点に及びます。

 今回万博会場に展示しましたのが、その中の1点で、作家ミラン・アンドレーフ氏の作品であります。

愛地球博にて
▲愛地球博の会場にて、ブルガリアの方々と

 彫刻の石は、古くから石の産地として全国に名高い、茨城県筑波山系で産出される旧岩瀬町(現桜川市)の御影石で、日本三銘石の一つと言われています「青糠目石(あおぬかめいし)」であり、又台座の石は笠間市で産出する「稲田御影石(いなだみかげいし)」であります。来日し、世界中で活躍するブルガリア石彫刻家の方々は、口々に「この御影石は形成が若く、盤を通して瑞々しい素材」と絶賛して刻みました。まさしく茨城産御影石は世界に誇れる石であります。

 この様な地球規模の万博会場に展示できましたことは、ブルガリア共和国の特段の計らいと、名古屋万博協会関係者の皆様方のご尽力、そして茨城県及び岩瀬町の協賛の賜物と心より感謝申し上げます。

 今後とも、益々日本国茨城県、岩瀬町とブルガリア共和国との文化交流が、世界平和の礎に発展することを祈り、私自身さらなる努力を重ねてまいります。

石彫家 浅賀正治

————————————————

岩瀬石彫展覧館にて
▲岩瀬石彫展覧館に展示してあります。

それでは、次回更新をお楽しみに!

(by 石の街の住人)


カテゴリー: - stone_1 @ 18時30分58秒

TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://sakuragaworld.com/modules/wordpress1/wp-trackback.php/29

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

23 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2008年 5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ一覧
最近のコメント
月別過去ログ
桜川市地域ポータルサイト
ホーム アクセス マップ ガイド メール