桜川市 アクセス エリアマップ 利用ガイド 
トップページさくらがわーるどレポートさくらがわーるどゼミナールさくらがわーるど商店街
イバラキングが語る桜川


青木智也

 茨城を代表するサイト「茨城王(イバラキング)」のWebマスター、「いばらぎじゃなくていばらき」などの著作でも知られる。
 茨城弁の伝道師として、県内各地で講演活動を行うほか、テレビ、ラジオなどへも出演、地方紙やガイドブックなどへの執筆活動も行っている。
 最近ではオリジナルデザインの茨城弁Tシャツも手がけている。将来的には、「茨城王」と「さくらがわーるど」のコラボグッズの発売も考えているとかいないとか・・・
桜川市地域ポータルサイト
2008年6月23日(月曜日)

Tシャツに載せる茨城弁大募集

もうすぐ7月、Tシャツの季節ですね。
以前このブログで紹介した「さくらがわーるど」Tシャツですが、そろそろ製作に入ろうと思います。つーか、まだ作ってなかった?って感じですね(苦笑)。すいません

↓デザインの方は「桜川的世界」バージョンをベースに考えています。下のサンプルでは、色は黒いTシャツに白い文字ですが、まだ決めていません。
null

これは前面ですが、せっかくなので背面にもプリントしたいですよね。
いろいろ考えた中で最終的に私が一番いいなと思っているのは桜川で使用されている茨城弁をプリントするというものです。

茨城王の茨城弁Tシャツでも茨城弁がたくさん書かれたTシャツはすでに出していまして、茨城弁スペシャル機↓供↓靴3つもあるんですが、毎回新作を出すたびに感じるのが、茨城弁のセレクトの難しさなんです。

まあ、「ごじゃっぺ」とか「でれすけ」とかはほとんどの地域で使われているメジャーな茨城弁なので問題ないのですが、私的にはかなり面白い茨城弁だなと思って掲載してみたら、他のエリアでは使われていなかったり、言い方が微妙に違っていたりして、ひとえに茨城弁といっても、どのエリアでもよく使われている共通の茨城弁というのは実は非常に少ないということがわかりました。

例えば、県西では超メジャーな「ちくらっぽ」。北の方では使わないと聞いて結構ショックを受けました。「嘘」という意味ですが、「ちく」だともっと使用範囲は広いみたいです。でも県西では「ちく」よりも「ちくらっぽ」の方がメジャーな言い回しだし、インパクトがあるんですよね。
逆に、私が知らなかった茨城弁が「いしけー」「いしこい」。私は全く聞いたことがなかったのですが、水戸のほうでは誰でも知ってる茨城弁だと聞いてびっくりした記憶があります。

こんな感じで全茨城をカバーする茨城弁Tシャツというのはなかなか難しいんですが、今回のさくらがわーるどTシャツはエリアが桜川市ですから、桜川市内でよく使われている茨城弁や桜川独特の言い回しなどを載せられたら面白いなと考えています。

そこで、みなさんからTシャツに掲載する茨城弁を募集したいと思います。
条件は桜川市内で使用していることです。
掲載したい茨城弁とその意味を書いてどしどしコメントをお寄せください。
桜川市内で聞いた茨城弁であれば、桜川市外の方でもOKですので、かる〜い気持ちでコメントしてもらえればと思います。

どのくらい集まるかわかりませんが、集まった茨城弁をさくらがわーるどのスタッフ会議で検討し、最終決定する予定です。できれば15個くらい掲載したですね。

ではみなさんからのコメントをお待ちしています!

PS:
そうそう、あとはTシャツの色も希望があったら書いておいてください。
Tシャツは茨城王でおなじみのアンビルを使いますので、こちらのホームページの色を参考にしてください。


カテゴリー: - aoki @ 16時20分51秒

TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://sakuragaworld.com/modules/wordpress5/index.php/archives/17/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

53 queries. 0.015 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2008年 6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿
カテゴリ一覧
コメント
月別過去ログ
桜川市地域ポータルサイト
ホーム アクセス マップ ガイド メール