桜川市 アクセス エリアマップ 利用ガイド 
トップページさくらがわーるどレポートさくらがわーるどゼミナールさくらがわーるど商店街


ふくれみにゃん

 農業部会のマスコット、ミカンをかぶり、首に合格札をかけている。
ライバルはひこにゃんとトロ。
 桜川市内の農業振興のため活躍中、桜川未来塾農業部会のメンバーと共に美味しい農作物のあるところに出没する。  好きなことはコタツで福来ミカンを食べること。
 本業は猫。
コメント
桜川市地域ポータルサイト
2007年12月10日(月曜日)

冬の果物はやっぱりミカン!

今日は筑波山の麓、酒寄地区のミカンの話題です。

酒寄地区といえば、ミカンの商業的生産可能な北限産地。
平地から山へと上っていく暖かい空気と、筑波山から下りてくる冷たい空気が混ざり合い、それがミカン栽培に最良の気候条件になっているそうです。

つくし個近辺の看板

ということで、今回は酒寄観光みかん組合長の酒寄進さんに『酒寄みかん』についてお伺いしてきました。お忙しいところご協力いただき、ありがとうございます。

酒寄さん

まず、私たちが園内で目にしたものは・・・・、

ミカンがたくさん!

辺り一面のミカンの木!!・・・そして、

ワンちゃんお出迎え〜

ワンちゃんのお出迎え。大人しくてかわいいですねぇ(^-^)

さて、ミカンと一言でいってもその種類は様々です。酒寄のみかん園にもいろいろな種類のミカンが栽培されています。まずは有名な、これ。

福が来るから『福来みかん』

『福来(ふくれ)みかん』。筑波山麓で栽培される野生種で、日本書紀に記載されているほどの歴史があるそうです。香りの良さは温州みかんとは格別の差があり、皮は七味唐辛子などにも使われているのです。
名前の由来は、皮がぷくっと膨れるから。縁起をかついで、福が来る=福来みかんとなったそうな。
酒寄地区で本格的にミカン栽培が行われるようになったのは約40年前からですが、この福来みかんの木は、150年以上前からあるとのことです。

食前。

こちらは『興津(おきつ)』という種類の温州みかん。一見、「ちいさッ!」と思いきや、実はバリエーションを増やすために大きいものと小さいものを作っています。興津は糖度が高く、と〜っても甘いのです。

まるかじり!

ジャーン!!なんと小さい興津は皮も薄いため、皮ごと食べられます。まさに『そのまんま、まるかじり』!実の甘みと皮の香ばしさが何ともベストマッチ。まだ食べたことない人は、ぜひ一度お試しあれ!

その他にも育てやすく収穫性の良い『宮川』などの種類のミカンがたくさんあります。
長年、枝の剪定や施肥、消毒、摘果作業で試行錯誤を繰り返し、ミカン狩りの季節には上質なミカンを作りだしているのです。そんな上質なミカンを購入〜。

採れたてみかん

入園料金のお知らせ

酒寄地区には現在9軒のみかん園があって、11月〜12月の収穫時期にはたくさんの観光客が来ています。
入園料は組合で決められており、一律の金額。園内はみかん食べ放題になります。
初めて来られた人だと、みかんを取る時に枝を切ったりしてしまう人がいるそうです。木はとてもデリケート。マナーを守ってみかん狩りを楽しみましょう!

おいでませ。酒寄みかん園


カテゴリー: - tomato @ 14時29分05秒

TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://sakuragaworld.com/modules/wordpress7/wp-trackback.php/4

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

23 queries. 0.021 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2007年 12月
« 11月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
カテゴリ一覧
月別過去ログ
桜川市地域ポータルサイト
ホーム アクセス マップ ガイド メール